2017年03月20日

耳を傾けよう

We bury our dead alive.
We hear them every day they talk to us.
They haunt us.
They beg us for meaning.
Conscience--
It's just the voices of the dead trying save us from our own damnation.

ドラマ「X−ファイル」からの引用です。
ダナ・スカリー捜査官が訪問した、息子を亡くした退役軍人が語る台詞です。

テキトー訳ですが、

我々は生死を葬り去る
そして日々聞いている
葬られたものが語り、我々を悩まし、意義を問うのを
良心…それは我々を破滅から救おうとするその声なのだ



犠牲となったものの声に、謙虚に耳を傾けよう、
それが私たちを救うのだから、ということです。

このシーンを見ると胸がぎゅーっとなります。
posted by Yoshiko at 03:13| Comment(0) | 日記

2016年12月06日

師走に思う

はい〜、12月になりました。
今、この辺りでは紅葉が見頃で、散り行く葉がとてもきれいです。
師走の紅葉なんて、以前は考えられなかったものですが、
近年ではすっかり普通のことになってしまいました。
温暖化ってやつかなあ……。

街を歩けばケーキ屋さんが目に入り、
ホイップクリームに赤いイチゴの乗った、
ふわふわで甘いものが食べたくなってしまいます。

このイチゴですが、11月下旬くらいからスーパーで見かけ、
ちょっとびっくりしてしまったのですが、
こうしてホリデーシーズンのケーキに当然のように乗っかるのですから、
もはや驚くまでもないのかもしれません。

というか、どうしてびっくりするのか、
わからない方も多いのではないかと思います。
本来、イチゴの旬は春なのです。


コドモの頃、秋が誕生日の家族のために、
近所のケーキ屋さんにバースデーケーキを買いに行きました。
自慢じゃないけど隠れた名店です。

ケーキ屋のおっちゃんは、
その腹に何を仕舞っているのかというくらいでっかくて、かつコワモテでしたが、
「へー、お父ちゃんの誕生日?で、いくつなの?」
ってウチの親父の年齢を探りつつ(笑)、
ほいほいという感じでスポンジに生クリームを塗り、絞って、
最後にマスカットを8個のせて仕上げました。

真っ白な世界に浮かぶ翡翠色の美しさがとても印象に残っています。
旬じゃねえフルーツなんぞ使えるか!
というおっちゃんの心意気もまぶしいほどです。


今ではイチゴなんていつでも手に入るし、
いつでもケーキにのっています。
ですがイチゴの成長に欠かせない、日照時間と温度の調整のために、
たくさんのエネルギーを使っていることも事実です。

それが12月の紅葉につながっているとしたら?
ふと、そんなことを考えてしまいました。
季節感とか、旬って、大切なんです。きっと。




--+*+----+*+----+*+----+*+----+*+--
さて。
ここで、星見小草からのお知らせです。

えっと、すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
今、占いの受付を停止しております。
少々、体調を崩してしまいまして、所用もあるため、
1か月ほどお休みすることにいたしました。
(↑あやしいww 長引くんじゃないの〜?と自分にツッコミ)

ご迷惑をお掛けしまして、申し訳ございません。
再開は、またブログとHP上でお知らせします。

みなさま、本年もお世話になりました。
また来年もよろしくお願いします。
めっちゃ寝て(笑)英気を養ってまいります。

みなさまも寒さ厳しいおり、お体にお気をつけてお過ごしください。
Hasta la vista!
--+*+----+*+----+*+----+*+----+*+--
posted by Yoshiko at 19:27| Comment(0) | 日記

2016年11月12日

11月…

『たぶん来月からオフィスでの対面占いを再開します』
こう言い残して2か月が過ぎました。

申し訳ございません。
オフィスではできなくなりました。
(´;ω;`)

引き続きカフェなどで行いますので、
よろしくお願い申し上げます。


さて。11月。

なんかね、10月に入ってから、
風雲急を告げるってな感じで、
わ〜っと環境が変化しました。
今は、いくらか落ち着いています。

近所の銀杏並木は少しずつ黄色くなってきました。
きれいなもみじを見に行きたいな。
高尾山とかに行けばいいのだろうか??

とりあえず、お久しぶり〜にブログ書いてみました。
またできるだけ早めに(?)書き込みします!

今からヨシヒコ見るんだい!
posted by Yoshiko at 00:14| Comment(0) | 日記