2018年12月30日

年末に

2018年もそろそろ終わりです。
占星術とかをやっている立場としては、
「グレゴリオ暦の1月1日がなんぼのもんじゃい!」
という考えが脳裏をかすめることも無くはないのですが(笑)、
それでも多くの人が、実家に帰ったり、おせち料理の準備をしたりして、
新年を迎える準備をしていると、ふと1年を振り返る気持ちになります。

身の周りだけを考えると、特に大きな出来事もなく、
プライベートでは読書量がやや増え、
またそれを感想とともに記録するようにしてからは、
なんとなくではありますが、充実感を覚えるようになりました。

コドモの頃、作文は嫌いじゃないけど、読書感想文を書くのが苦手でした。
でも大人になって畏まらずに、本を読み、感想を書いてみると、
相応に本のテーマを受け止め、何かを考えることができるんだなって、
自分というものを見つめなおすことができます。

読書は他人の思考と触れ合う間接的な方法ですが、
時間や距離を隔てた遠くまで旅ができる不思議なものです。
これからも、こんな旅ができるといいなって思います。
では、このへんで。

新しい年が、皆さまにとって充実したものでありますように。
posted by Yoshiko at 23:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: